父の日に黄色のバラを贈るのはなぜ?

  • 父の日とは

    一家を支えてくれる父親に感謝する日。(6月第3日曜日)

  • 黄色のバラを贈る意味

    家族の愛情や尊敬を表す

  • 父の日の由来

    1909年、アメリカ・ワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が、父の墓前に白いバラを供えたエピソードが由来とされています。
    存命中の父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラを贈る風習が生まれました。
    ドット夫人の父親の誕生月が6月だったことから、6月第3日曜日に定められました。
    その風習が日本に伝わり、日本では父の日に黄色のバラを贈るようになりました。
    1981年設立の日本ファーザーズデイ委員会が開催している父の日黄色いリボンキャンペーンが、家族の愛情や尊敬を表す黄色を父の日のイメージカラーとして啓蒙しています。

    • 参照 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」、花言葉-由来